トップページ > 整体日記 >
お客様のお話37 2015/06/01

股関節痛で初めての女性が近江八幡市の当所へ。

股関節痛
東近江市(旧八日市市)から近江八幡市の整体月日に。股関節痛でしたが、きっかけは右肘痛?楽になって頂けました。

2日前から急に右の股関節が痛み出したとの事。

いきなりですが、股関節と肩関節は連動している事が多いです。痛みであれば同側、可動域であれば反対側にそれぞれ隠れた原因があったりするのです。
 
今回の方もはやり右側の肩関節や腕に原因がありそうでした。しかし最初、ご本人に原因をお聞きしても分からないとの事。
 
さて、立っている際に右足に体重をかけると一番痛みが出る状態でした。この時に右の肩甲骨の内側上部を押さえながらもう一度同じように右足に体重をかけて頂くと、痛みが軽減されました。
 
この事で右肩や腕からの影響があると判明するのです。この押さえたポイントで変化があれば間違いなく、関係しています。
 
これは主に肩こり等で腕の影響を調べたりする時に一番使用するのですが、下肢や股関節、はたまた腰痛でも腕や肩の影響があれば反応するポイントなのです。本当に痛みを感じている部分だけが悪くなっている事はほぼ100%ないですね。

「そう言えばこの前、右肘が痛かったです!」と、思い出され。

やはり股関節が痛くなる前に、右腕に違和感があったという事が判明しました(笑)。しかしこれは仕方がない事かも知れませんね。誰だって普通の方なら、肘痛と股関節痛が関係しているなんて思いもしないですから。
 
まぁ、これも一般の方だけでなく、施術をする側の方でもわからない方が圧倒的に多い事は紛れもない事実です。この事も主訴だけを施術する整体が多い理由の一つでもあります。

股関節痛なのに右腕や脇の下、デコルテをまず整体?

これは先に隠れていた原因を改善し、その後に残った主訴の痛みを取る方が効率が良いからです。だから股関節も後でしっかり施術する事は当然です。ご安心を(笑)。
 
上記の整体が終わり、股関節を確認して頂くと、「来た時より楽になっています。」とおっしゃっていました。次に右足を施術し、このままだとバランスが悪いので左足、そして腹部(こちらも股関節には密接に関係しています。)、左腕、首と進めていきました。
 
仰向けでの整体が終わり、確認して頂くと、「痛みはありますが、かなり良くなりました。」との事。続いてうつ伏せで背中や肩、そして特に臀部を丹念に施術しました。
 
右の臀部を整体する際には、足を4の時曲げて頂き、奥の筋肉にもしっかりとアプローチをかけました。そうする奥にもかなりの痛みが出てきました!
 
最後は筋肉を効率良く使って頂ける施術と、少し潜在的に眠っている筋肉の力を引き出す施術を行いました。「かなり楽になりました。有難うございます!」と、とても喜んでくださり良かったです。
 
主訴だけに原因がある事はほぼないに等しいです。だから当所のような全身整体が即効性を出せるのだと思います。思っている以上に身体全体を酷使した結果、それが主訴に痛みとして現れるようです。
 
この方の場合は股関節痛でしたが、股関節だけに拘った整体では、改善までに時間も回数も掛かってしまいます。それが繁盛に繋がっている場合も多いのですが。
 
反対に肩痛でも股関節に原因がある場合も多いです。部分部分ではなく、一見関係のなさそうな場所に隠れた原因が潜んでいます。

彦根市のプロガラさんに酷い肩こりで出張整体へ。

こちらは足や腕が肩こりの原因でした。特に右に偏って隠れた痛みが!60分コースでしたので、右半身を丹念に整体を。明日からもハードなお仕事が待っているとの事。ご苦労様です!

出張整体翌日のプロガラさんのブログです。

酷い肩こりで整体を受けて頂いた翌日の効果

関連ページ