近江八幡市より膝痛と肩痛で5年半ぶり?

滋賀県近江八幡市マッサージ的整体 月日快復所
完全予約制(当日可)/土日祝ほぼ営業
 
 
料金アクセス内容 手助け出来る事  
 
お客様の声 心と身体 整体日記    
 
ブログ 問い合わせ 電話予約ページ
トップページ > 整体日記 >
お客様のお話71 2016/04/19

また記録更新!初回から5年半ぶりに膝痛と肩痛で。

正座の女性
 
開業間もない頃に一度だけご利用のご近所に住む女性がご来所!正座が出来ない膝痛と肩痛でしたが、身体も軽くなり効果を感じて頂けました。

今月の初めにも4年半ぶりの方がいらっしゃいましたが。

記録はあっけなく?塗り替えられました(笑)。開業して3か月が経った頃、ご近所に住む女性が私の母親の紹介で来てくださいました。
 
その当時も膝痛等で整形外科に通っておられましたが、なかなか改善されず困った末にご来所された事を覚えています。確か初回も効果を感じて頂け喜んでくださっていました。
 
しかしそれから5年半もの月日が過ぎた本日、直接尋ねる形で久しぶりの予約をされました。その間も整形外科にはたまに通っていたそうです。
 
他の整体やマッサージ等をご利用されていたかはわかりません。今回はあまりにも膝や肩が痛くなり過ぎてのご利用との事でした。
 
上記の4年半ぶりの方は、その間隔が空くまでは月に1回ペースで半年程ご利用されていたのですが、今回の方は初回から5年半ぶりです。
 
どのようなきっかけで?本日来てくださったのかは定かではありません(笑)。とにかく他の整体では、あまりこのようなリピートは起こっていないのではないでしょうか?

正座も出来ない膝痛。でも膝自体にはそれ程原因もなく?

ところで整体月日の施術室は2階にあります。本日のお客様も玄関から部屋に到着するまで、かなり時間が掛かっていらっしゃいました。
 
「よいしょっ、よいしょっ。」と、小さく声をかけながら階段を上がって来られました。このような方々には本当に申し訳なく思います。すみません。
 
ぎっくり腰でも膝痛や股関節痛でも、階段の上り下りに関しては苦痛を伴います。しかし2階にさえ上がって来て頂ければ?、施術後は上がって来た時よりは1階へ楽に降りて頂ける状態にはさせて頂きます(笑)。
 
さて正座が出来ない膝痛でも、膝関節自体が原因ではない事も多いです。結論から言えば今回の場合も、膝関節よりは足首に原因がありました。
 
これは足首をフリーにした状態だと正座がしやすくなる事で判明します。当所の場合は施術ベットの上で、足首だけをベットから出した状態で正座をして頂きます。
 
この状態で正座がしやすくなるのであれば、膝が曲がらなくて正座が出来ないというよりは、足首の異常が妨げになっているのです。まぁ普段、足首をフリーにして正座をする方は皆無なので、分からない事は当然です。
 
足首といっても当所が考える足首の異常は、爪先からふくらはぎまでを指します。この範囲のどこかが確実に正座する際の妨げになっているようです。
 
勿論膝関節自体にも若干の原因はありました。また、股関節も膝痛の原因の場合があるのですが、今回はそれ程影響はなさそうでした。

股関節は膝痛よりも肩痛に影響?

肩痛に関しても整形外科で骨に異常は見受けられないと告げられたそうです。そうなると整形外科では言い方は悪いのですが、何もしてくれません。
 
勿論検査は重要です。骨に異常がある場合は適切な処置が受けられます。骨に異常がある場合にいくら筋肉に対してアプローチをしても痛みは良くなりません。
 
だから特に肩痛や膝痛、椎間板ヘルニア、頸椎ヘルニア等、まずは整形外科で検査を受ける事をお勧めします。その後、骨に異常がなく痛みがあるのであれば、ほぼ筋肉の問題で当所でも対応可能です。
 
まぁ、筋肉の問題である事が圧倒的に多いのですが。それでも私のような民間施術者には判断する事が許されておりません。検査を受けてからのご来所をお願いします。
 
話が逸れましたが、股関節と肩関節は連動している場合が多いです。この方も股関節の一部を施術しながら肩を動かして頂くと、明らかに痛みが減っていました。
 
痛みを感じている部分は当然悪くなっています。しかしこの肩関節と股関節のように、一見関係のなさそうな所にも隠れた原因があるのです。即効性の秘訣は、このような関連を見つけ出せる知識と技術にかかっています。
 
施術後は肩の痛みは少し残ったものの、効果を感じて頂けました。暫くは定期的に来てくださるとの事ですが、期待して良いのでしょうか(笑)。
 
帰りに階段を下りる際、「階段を下りるのがとても楽です!」と、おっしゃっていました。ご近所ですので、いつでもお気軽にご利用してくださいね。

関連ページ

滋賀県近江八幡市 膝痛等、独自の整体とは?
 
最初に戻る