整体月日トップ > 整体日記 >
お客様のお話81
 

伝えたい事とは?腱鞘炎で背中を施術?

近江八幡市 デスクワーク腱鞘炎
 
腱鞘炎で背中とか、腰痛でお腹とか…。整体月日のホームページでは施術内容を事細かに記述しています。でも人気整体等は立派な数値や率が前面に踊っています。

腱鞘炎でも背中?腕は当然施術しますが…。

30代女性、近江八幡市の方です。今回が二回目のご利用です。前回から約3週間でのリピート。早めのご利用有難うございます。初回は首肩こり由来の頭痛でした。
 
上記の通り、実際に整体月日の施術を受けてくださり、その結果、ご自身でリピートを決めて来てくださいました。この方に限らず、無理にリピートを勧めた事は一度もありません。
 
今回は腱鞘炎でお困りでした。腱鞘炎は指や手首を動かした際、主に指から前腕にかけて痛みを感じます。従って腕が悪くなっているのは当然です。
 
ところでこの方も、前回は頭痛や首肩こりでのご利用でした。さて、首肩こりの主な原因が腕の疲れである事は再三記述しています。
 
腕の疲れはまず首肩にのしかかり、次にどこに向かうかというと背中です。特に肩甲骨の内側のラインに沿って、腰や臀部に溜まっていくのです。
 
腕由来の首肩こりが一番多いのはこのためです。同じ理由で背中の張りを訴える方も多いです。でもこの段階では腕自体に痛みは出ていません。
 
腕の疲れが首肩や背中でいっぱいいっぱいになり、背負いきれなくなったものが最後の最後にやっと、腕自体に痛みとして現れるのです。
 
従って腱鞘炎では腕の施術は当然しっかりと行いますが、背中に溜まった腕の疲れも見過ごせません。この方にもまず肩甲骨の内側をピンポイントで押しながら、指を動かしてもらいました。
 
そうすると、「あれ?痛みが減りました!」と、驚かれていました。一見関係のなさそうなポイントを軽く指圧しただけで、変化があったので当然ですね(笑)。
 
また痛みは同側に原因がある事が多いですが、動きに関しては反対側に原因があったりします。腱鞘炎では特に痛みと共に動きの制限もかかるので、反対側も重要になってきます。
 
そのため右腕の腱鞘炎でしたが、左腕の施術もしっかりと行いました。その後確認して頂くと、「あれ?動かしやすくなってます!」と不思議に感じたご様子。
 
この方に限らず、右の腱鞘炎が左腕からも影響を受けているとは、誰も想像しにくいですよね(笑)。でも本当に主訴以外に隠れた原因が潜んでいる事が多いのです。
 
最後に座位にて残っている痛みを消していきました。この際も肩甲骨の内側のライン上にある腰付近や、臀部を指圧すると残っていた痛みが消失!
 
腱鞘炎に限らず、主訴以外の隠れた原因にまでアプローチする事は、即効改善には欠かせません。この方も非常に喜んでくださいました。有難うございます。

人気整体がホームページで謳っている事とは?

さて初回のご予約の際、お電話で、「バキバキしたり、無理な矯正はしませんか?以前に怖い思いをしたので…。」と心配されていました。
 
当所のホームページをご覧になり、安全に施術してもらえそうだと感じ、お問い合わせをしてくださいました。それでも上記のような確認をされていましたが…。
 
その怖い思いをした人気整体では施術者が二人がかりで、かなりアクロバティックな施術だったとの事。それが嫌で次は、無痛を売りにされている別の人気整体へ行かれたそうです。
 
しかし何度も通わなくてはいけなかったそうで、また予約制でもかなり待たされる事ばかり…。そのような事が重なり当所に来られました。
 
上記の通り、人気整体が第一の選択肢になるのは当然です。でもありがちなのは人気や実績をアピールするばかりで、施術内容が分かり辛い場合が多いのです。
 
「なんだか良さそう。人気もあるみたいだし…。」と行ってはみたものの、想像とは違った、または合わなかった位ならまだ良い方です。
 
無理な矯正や揉み返しの起こるマッサージ等だと、身体を壊しかねません。無痛の場合はしっかりとアピールされていますが、何度も通わなければいけない場合が多く…。
 
当然そこはホームページではスルーされていたり…。あまりステレオタイプの宣伝ばかりの所は避けたほうがベターです。
 
事細かに施術内容を記載している所は、施術に自信があるのだと思います。整体月日もそうありたいと、日々精進しています。

関連ページ

膝痛等、独自の整体とは?
 
最初に戻る