トップページ > 手助け出来る事 >
四十肩・五十肩とは

辛い四十肩・五十肩。股関節とも関連があるって?

四十肩
 
四十肩や五十肩等、骨に異常がなく痛みがある場合はインナーマッスルを筆頭に筋肉異常が大きな原因です。

四十肩・五十肩でお困りの方は案外多い?

この肩痛になりやすい年代といわれているのは、その名の通り四十代や五十代です。しかし肩の酷使によっては三十代や二十代でも起こる可能性があります。
 
また徐々に痛みが増していく方もいらっしゃいますが、突然痛みが襲ってくる事の方が多いようです。さて辛い肩痛は、どういった原因が考えられるのでしょうか?

原因が特定されにくい?

肩関節は、大きく動く関節の中でもよく使われている関節です。従って酷使した肩関節には、長年の負担が堆積している可能性があります。
 
また肩関節だけに問題があるのではなく、一見関係のなさそうな股関節等とも連動している場合も。身体の仕組み上、肩に関連した様々な部分が原因として考えられます。
 
股関節であれば、四足歩行の前足と後ろ足の付け根に相当すると考えれば、分かりやすいと思います。痛みであれば同側、可動域であれば反対側に、影響を及ぼしています。
 
またこちらも腕の酷使による影響も決して見過ごせません。また脇の下等にある肩関節のインナーマッスルにも隠れた原因があるのです。
 
脇の下には腕や肩、胸部のインナーマッスルがクロスするように集まっている場所です。肩こり改善等でも非常に関連のある場所です。
 
しかし皆さん、痛みとしての自覚はお持ちではありません。「脇の下がすごく痛いんです。」と、当所に来られたお客様は今のところ皆無です(笑)。
 
しかし、四十肩や五十肩等の肩痛で脇の下を施術すると、びっくりするくらいの隠れた痛みが出てくるのです!皆さん本当に驚かれます。
 
それぞれの施術で対応が変わってくるとは思います。それでも痛みを感じている部分にだけ固執する事は、改善に時間が掛かってしまう事が多いです。
 
勿論、痛みを感じている部分を丁寧に施術する事も大切です。それでも即効改善を求めるのであれば、主訴以外の隠れた原因を的確に改善する事が非常に重要です。

四十肩、五十肩の状態について

よくあるものとして、腕を挙げようとしたら肩の痛みで挙がらない、また就寝中に痛みだす等が考えられます。特に腕が挙がらないというのは、辛く不自由に感じるものです。
 
また夜中に起こる酷い夜間痛は、様々な障害となる可能性があります。夜間痛によって睡眠もままならず、慢性的に睡眠不足を抱えてしまう事も。
 
一般的に、四十肩・五十肩といわれる状態では、初めに痛みを感じてから暫くすると痛みがなくなる事があります。そうすると安心してしまい、そのまま放置してしまいがちです。
 
しかし痛みが引いたからといって、放置することはお勧め出来ません。何故なら次に痛みが出た場合、もはや筋肉だけの問題ではなくなっているからです。
 
痛みが引いている間に肩関節に軟骨等が出来てしまい、物理的に可動制限がかかってしまいます。こうなると筋肉だけの問題ではなくなり、手術でしか改善されなくなるのです。
 
また手術になれば整形外科の出番ですが、骨に異常がない場合の筋肉の痛みに関しては、ほぼ何もしてくれません。痛み止めや、状態の温存程度です。
 
整形外科は五十肩等でも、第一の選択肢になっています。しかし通っても改善の見込みがなく、困り果てて当所に来られる方も少なくありません。
 
肩甲骨や胸、脇の下、肩の筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルがあります。特に可動域が殆どない場合はインナーマッスルまでしっかりと整体しなければ、効果が出ません。
 
また肩関節と股関節は連動している場合が多い事は先ほども申し上げました。従って痛みが出ている肩だけにあまりにも拘っていると、早期改善は難しいかも知れません。
 
接骨等、保険適応の施術もありますが、適応基準に身体の複数個所を同時に施術出来ない規定があるため、どうしても主訴をメインにしなければいけません。
 
整体月日は実費なので制限等はありません。またインナーマッスルにも的確にアプローチ可能で、隠れた原因を探し出せる技術と知識があります。是非、ご相談ください。

関連ページ

東近江市(旧八日市市)より1か月続いた四十肩で
 
椎間板ヘルニアなら整形外科が一番?
 
近江八幡市まで股関節痛ですが肩にも?
 
最初に戻る