トップページ > ココロとカラダ >
ココロとカラダ14

ゴッドハンド?整体月日のご紹介の特徴とは?

整体月日ご紹介者イメージ
 
長らくご利用のない方からや、ゴッドハンド的な触れ込みの場合とか。ご紹介の形は結構珍しいと思います(笑)。

初回は約4年半ご利用のない方からのご紹介でした。

初回から1年8か月の間隔を空けてのご利用でした。お住まいは竜王町の女性ですが、職場が整体月日と同じ町内にある方です。
 
上記の通り、ご紹介で初めてご利用されましたが、その紹介してくださった方も当時、4年半ご利用のない女性でした。このパターンも多いです(笑)。
 
余談ですが、その2か月後、紹介してくださった方も4年8か月ぶりに来てくださいました。でもそれっきりです。今度は何時お目にかかれるのでしょうか(笑)?
 
このようにご利用は暫くないまま、それでも続々とご家族やお知り合いを当所に紹介してくださる方も少なくありません。さて、喜んで良いのでしょうか(笑)?
 
さて今回は、酷い偏頭痛でお困りでした。お顔を拝見すると青白く、あまり立ってもいられないとの事でした。このような場合はまず、顔や頭皮から施術を進めます。
 
通常の頭痛の場合は、首肩のこりが原因になっている事が多いです。従って、まず原因である首肩のこりは勿論、そのまた原因になっている腕等にアプローチします。
 
それだけで頭痛が緩和される方も多いです。しかし今回のように痛みが酷い場合は、初めに顔や頭皮の筋肉の硬さを取ります。
 
特に頭皮は首の筋肉とも連動しています。また頭痛の場合は痛みのせいで、顔を必要以上に歪めているため、思っているよりも顔の筋肉はガチガチになっているのです。
 
この方も顔や頭皮の施術を終えると、「かなり楽になりました。」とおっしゃっていました。その後、首肩は勿論、全身の筋肉を緩めました。
 
全ての施術が終わると、「偏頭痛がなくなりました。奇跡です!」と、とても喜んでくださいました。もう少し定期的なご利用をお勧めします(笑)。

ゴッドハンド的な触れ込み2連発?ぎっくり腰で。

2日連続でぎっくり腰の男性がご来所。どちらもご紹介です。当所の施術室は2階にあるので、全く動けないような方は物理的にご利用が不可能です。
 
これは当所の施術に限った事ではないのですが、ぎっくり腰の場合、痛いながらも動けるようになってから施術を受ける方がベターです。下手に動くと状態を悪化させるだけなので。
 
お二人ともご紹介という事もあり、施術室の件はクリアされていました。それでも、階段を上がってもらう必要がある事はとても心苦しいです。すみません。
 
昨日のお客様は、近江八幡市内の人気無痛整体で施術を受けたそうです。あまり効果もなく、従兄である当所のリピーターさんから勧められご来所。
 
無痛整体の場合、無茶な施術はされないので、状態が悪化する事は非常に少ないと思います。それでもぎっくり腰を含め、何度も通う必要があるようです。
 
当所の場合は即効性が売りの一つなのですが、上記の無痛整体でも早期改善にチャレンジされています。でも早期改善の条件として詰めて通う必要があるようですが。
 
当所の場合は即効性に特化しているので、1回毎の施術効果に拘っています。この方も1回の施術で効果を感じて頂けました。良かったです。
 
本日のお客様は京都市よりご来所。他での施術経験はないとの事でした。「凄い整体があるし、行ってみたら?」と、ご紹介の方に言われたそうです。
 
昨日の場合もそうですが、ご紹介で来てくださる方は上記のような感じで、ハードルが上がっている事が多いです(笑)。勿論、嬉しいのですが。
 
結果、この方も大変喜んでくださいました。それでも人気整体で効果が感じられない方がご来所の場合や、ゴッドハンド的な紹介を受ける場合、少しドキドキします(笑)。

関連ページ

ちょっと変わった紹介の形とは?
 
最初に戻る