トップページ > ココロとカラダ >
ココロとカラダ16

沢山の整体法を取得していないので。

背中の整体
 
良くも悪くも、整体施術の手技は一つしか持ち合せていません。その意味では全く融通が利きません。

「本当にこれで多くの方が満足しているんですか?」

整体月日の施術は手技が一つだけです。従って効果を感じて頂けない方や施術が合わなかった方には、それ以外の施術対応はできません。
 
しかしこれは何も、勉強不足や面倒だからではありません。本当に喜んでくださる方が多いので、この手技に誇りを持っているからです。
 
残念ながらそれでも、年に1~2名ほどは全く効果を感じて頂けない方もいらっしゃいます。その場合は料金も戴きませんし、以後のリピートもお断りしています。
 
そのような方の中でも、「これで皆さん喜んでいるんですか?」的な発言をされる方もいらっしゃいます。それは正直な感想だと思います。
 
しかし、当所の施術スタイルは数をこなせません。またその流れでリピートも100%お客様に委ねています。重ねて初回は上記のような対応をしています。
 
もしこれで誇張気味の宣伝をしていたとしても、全く意味がありません。仮に話を盛ってまで集客をするのであれば、当所の施術スタイルとは真逆になるはずです。
 
とにかくお客様を集め、短時間の施術で数をこなし、何度もリピートをさせるはず。勿論、このようなスタイルで、お客様も納得されているのであれば問題はありません。
 
探せばそのような整体も存在すると思います。しかし実際は誇張気味の宣伝をし、お客様の不安を煽り、強引にリピートを促し実績数やりピート率を稼いでいる場合が殆どです。
 
本日の野洲市からもご新規さんはぎっくり腰でしたが、以前もぎっくり腰をされた際に整体を受けたそうですが、その施術で改善している実感もないままリピートをしていたそうです。
 
これは何も珍しい事ではありません。やはり一つの痛みや違和感で何度も通って頂く方が利益になるからです。でも当所はそれを良しとはしません。
 
即効性や持続性を感じて頂きたいからです。しかし残念ながら、全く効果を感じて頂けない方も上記の通り存在します。その場合、これ以上の事はできない旨を正直に打ち明けます。
 
当所の施術は、お客様の自己治癒力のスイッチをオンにする事です。しかし稀に、このスイッチがうまく入らない場合があるのです。
 
これはこちらでコントロールできる問題ではないと認識しています。改善できない事の言い訳に聞こえるかもしれません。しかし踏み込めない領域もあるのです。
 
開き直りととられるかもしれませんが、大多数のお客様が喜んでくださる施術スタイルを変えるつもりはありません。良くも悪くも初回で結果を出します。
 
下記は効果は感じて頂けたものの、くすぐったがりのお客様のお話です。このような場合も手技が一つしかないので、対応に困ります。

くすぐったがりの方にはお勧めできません?

本日のご新規さんは首痛、頭痛、手のツッパリ感、膝痛と多岐にわたってお困りでした。近江八幡市内のお客様でしたが、様々な施術を受けたそうです。
 
整形外科にも数軒行かれたとの事。筋肉を柔らかくする薬を処方されたそうですが、効果もなく。当所の施術を受けに来てくださいました。
 
一番辛く感じるものは首痛でした。首の後ろ側は勿論、前側にも痛みや違和感があるとの事。通常は首に限らず、肩や腰でも痛みを感じるのは後ろ側です。
 
この方のように前側にも痛みを感じる場合は、末期に起こります。これは手や膝にも痛みや違和感を感じていらっしゃる事も同様です。
 
腕や足の疲れはまず、首の後ろ側や肩腰でも背中側に痛みとして現れます。その後、今回の方のように、腕や足自体、また首の前側にまで痛みを感じ出すのです。
 
さて上記の通り、様々な整体やマッサージ等を受けたそうですが、やはり背部を中心に施術を受けたとの事。腹部や首の前側へのアプローチは初体験だとおっしゃっていました。
 
腹部の場合、たまに擽ったく感じる方もいらっしゃいます。それでも隠れた痛みの方が強く、それほど問題なく施術を終える事ができます。
 
しかしこの方は、腹部の段階で、「擽ったがりなので。」と、告白されました。当然、脇の下も少し擽ったさを我慢されているご様子でした。
 
今回の一番の主訴である、首の前側の施術を始めると、一番擽ったそうな反応をされました。正直初めてのリアクションでした。それでも触らない訳にもいかず。
 
何とか全ての施術を終えると、効果を感じて頂けました。それで、「これは定期的に通った方が良いですか?」と、お聞きになられました。
 
「勿論、ご利用頂く事は問題ないのですが、触り方は変えられないので、擽ったさは我慢して頂く必要があります。」と、お応えしました。
 
当所の施術は主訴は勿論、隠れた原因を探し出すために、細かく筋肉にアプローチをかけます。それ以外の手技は持ち合わせていません。
 
効果を感じて頂けた事は嬉しいのですが、擽ったさを我慢して頂く必要もあるので、難しい問題です。こちらではコントロールができないので。

関連ページ

自己治癒力を最大限に利用する整体?
 
最初に戻る