整体月日トップ > 整体日記 >
整体日記13
 

トレーニングが原因での腰痛でもインナーマッスル?

近江八幡市 トレーニングが原因の腰痛イメージ
 
普段からハードなトレーニングをされている方でも、腰痛になります。この事はトレーニング=痛みの解消または予防が成り立たない証明になると思います。

鍛えている方でも腰痛になるのは腹部に原因が?

近江八幡市内より初めての女性がご来所。普段からトレーナーの指導の下、かなりハードなトレーニングをされているようです。
 
今回の原因として、いつもと違うトレーナーが普段よりも負荷をかけたトレーニングを指導した結果、腰痛を感じるようになったとの事でした。
 
よく整体や整形外科等でも、腰痛の予防や改善を目的に筋トレを勧める場合があります。これは殆どの場合、逆効果です。
 
何故なら前提として、腰痛を感じているからこそ施術等を受けに来ているからです。その痛い状態で筋トレを始めてしまうと、余計に悪化させるだけです。
 
また予防の観点からでもどうなのでしょうか?この方のように、普段からハードなトレーニングをされている方でも腰痛になるからです。
 
結論として、普段の生活をする上での腹筋や背筋の力は備わっている方が殆どです。それでも筋トレをされている方も含め、腰痛になってしまうのはどうしてなのでしょうか?
 
再三申し上げていますが、腹部のインナーマッスルが原因です。ここは腰痛の改善でも、一般的に殆ど放置されています。
 
それは施術に技術が必要になる事が考えられます。何故技術が必要になるかと言えば、腹部には大切な器官が沢山あり、下手に触ると事故に繋がります。
 
その技術は習得するのに時間がかかります。従って他での施術経験をお持ちの方でも、当所で腹部を施術されるのが初めての方ばかりです。
 
また腰痛でも背部にしか痛みを感じないので、あえて主訴以外を施術するメリットはありません。お客様からしても痛い部分を触ってほしいからです。
 
しかし腰痛の場合、殆どの方が猫背気味になってしまうのはどうしてなのでしょうか?それは腹部のインナーマッスルが異常をきたしているからです。
 
例えば上着でもお腹のあたりをぐっと摘まむと、前かがみに引っ張られますよね?それと同じ現象が腹部にも起こっているのです。
 
だから腰痛の場合、上記のように猫背気味になったり、寝ていても真っすぐ仰向けの状態が辛くなり、無意識に横向きでくの字なってしまうのです。
 
でも痛みは腹部には殆ど出ません。だからいくら声高に腰痛で腹部を施術すると言っても、ちっとも響きません(笑)。でも受けて頂くと納得される方が殆どです。

この女性もまずは腹部から施術を。

お聞きすると、前夜は真っすぐしているのが辛かったそうです。この事からやはり腹部のインナーマッスルが一番の原因であると推察されます。
 
また負荷をかけてのスクワットが原因との事でした。脚は勿論、腕も施術する方がベターだと考えました。しかし60分コースでしたので、まずは脚を優先しました。
 
腹部、脚の施術を終えると、真っすぐ仰向けの状態での痛みは出なくなりました。この事により、腹部の硬さは改善された証明になります。
 
さて途中で、「めっちゃ力入れて施術してます?」とのご質問を受けました。「殆ど力は使っていません。触られて痛みや心地良さを感じる部分は筋肉が硬くなっている場所です。」との返答をしました。
 
やはり腰痛でいきなり腹部を施術し、痛みを感じていない部分に痛みを感じるので、無理やり痛みを出しているように感じるのは仕方がありません。
 
しかしこの感じていない隠れている痛みが即効改善の秘訣でもあるのです。この隠れた痛みを探し出せる技術も手に入れるのは大変です。
 
先程の安全に触れる技術とこの隠れた痛みを探し出せる技術は同じです。これができるからこそ、揉み返しを誘発する事がないのです。
 
少し話が逸れましたがやはり腕も気になるので、75分に変更して頂きました。75分だと頭や顔を除いた全身整体が可能になるからです。
 
肩も痛みを感じているとの事でしたので、喜んで変更を承諾してくださいました。施術後は動き出しの痛みは残ったものの、肩も含め効果を感じて頂けました。良かったです。

関連ページ

近江八幡市 スポーツ整体でも解決しない痛みなら
 
最初に戻る