近江八幡 魚の目の原因は脚のバランスの崩れ?

整体月日トップ > 整体日記 >
整体日記15
 

痛くて歩きにくい魚の目の原因とは?

近江八幡 魚の目原因イメージ
 
皮膚科で取ってもらっても、すぐに出来てしまう魚の目の原因…。それは脚のバランスが崩れているからかもしれません。

魚の目の原因は履物が合わない場合もありますが…。

大き目の靴や逆に小さめの靴、またハイヒール、草履、スリッパ、長靴等、実際のところ脚に負担のかかる履物はとても多いです。
 
サイズが合わない場合は、サイズを変更すれば解決します。しかしお仕事上、どうしてもその履物しか選べない場合は問題です。
 
何故なら不必要な負担が脚にかかり続けるからです。そしてそれはまず脚自体に痛みとして出るのではなく、上半身の痛みや不調として現れます。
 
従って、首や肩、腰、背中等の痛みを感じて施術を受けに来られる方に比べると、脚の痛みで施術を受けに来られる方は圧倒的に少ないです。
 
当所の場合、全身整体で対応する事が多いのは上記の理由もあります。上半身の痛みや違和感でも下半身に原因が潜んでいる事が多いからです。
 
この辺りは肩こりや腰痛でも足をページをご覧ください。さて話を魚の目に戻します。上記のように履物を選べない場合、脚のバランスも崩れてしまいます。
 
また普段の生活やお仕事等で、どうしても脚に過度の負担がかかってしまう態勢を取り続けなければならない場合もあると思います。
 
それらは上半身の痛みや違和感の次に膝痛や股関節痛として現れ、そして魚の目を発生させる事も…。さて膝痛等は主に筋肉が痛みの原因ですが、魚の目は違います。

魚の目も筋肉にアプローチして脚のバランスを調整?

魚の目の場合は物理的に圧力がかかる事で、歩行もしづらい程の痛みが発生します。従って皮膚科に行かれ、魚の目を除去してもらう方も多いです。
 
しかしそれは根本的な解決には至りません。また同じところに魚の目が出来てしまい痛みを繰り返す…。そのような方も多いのではないでしょうか?
 
さて脚のバランスが崩れている事が原因で出来てしまう魚の目…。これは殆どの場合、真ん中の足指の付け根付近に発生します。
 
ところで脚のバランスが良好な足裏には、2つのアーチが綺麗に存在します。まずは土踏まずのアーチ、そして問題となる足指の付け根のアーチです。
 
この足指の付け根のアーチがなくなる事で、真ん中付近に魚の目が出来るのです。では何故このアーチがなくなるのでしょうか?
 
結論から言えば、脚の重心が踵や足裏の外側にあるからです。そして正しい脚の重心は、親指の付け根付近に存在しています。
 
一見脚の重心が踵にあると聞くと、問題がないように感じるのではないでしょうか?何故なら頭から真っすぐ下りてくると踵に行き着くからです。
 
しかし足の構造を考えてみてください。足は踵より前にしか出ていません。当然、踵の後ろ方向には何もないのです。だから踵に重心があると、どうしても不安定になります。
 
そしてその状態で安定しようとすれば、やじろべえのように上半身でバランスを取ったり、踵だけでは心許ないので無意識に足裏を平べったくして踏ん張ろうとします。
 
当然足裏のアーチはなくなり、それにより本来体重のかかる場所ではない真ん中の足指の付け根に魚の目が発生してしまうのです。
 
しかし親指の付け根付近に重心があると違います。自然と2つのアーチが出来上がり、足指も地面をしっかりとグリップしてくれます。
 
アーチが崩れない事で、魚の目に体重がかかる事もなくなり、自然に魚の目の硬さも改善していきます。またこれと同じ原理で、浮指による爪の硬結も緩和されます。
 
しかしこれは足裏だけでなく、脚全体の筋肉異常をしっかりと解消しなければなりません。その事により、脚のバランスが改善されその結果、魚の目もなくなるのです。
 
皮膚の硬結を取り続けても根本改善には繋がりません。本来体重がかかるはずのない場所に、負担がかかっている原因を改善する必要があるのです。
 
本日お越しの女性も前回、脚のバランスを整えた事により、痛くて歩く事も辛かった魚の目が改善された事を喜んで報告してくださいました。有難うございます。

関連ページ

近江八幡市 外反母趾はヒールが原因って本当?
 
最初に戻る