整体月日トップ > 整体日記 >
整体日記4
 

日野町より可動制限のある五十肩だと…。

日野町 可動制限のある五十肩
 
五十肩や肩痛でも可動制限を伴っている場合は、改善に回数がかかります。さらに骨が原因の場合だと、対応もできません。

可動制限のある五十肩。痛みを感じてから4か月が経過…。

日野町より初めてご利用でした。上記の通り、五十肩とぎっくり腰由来の腰痛でお困りでした。腰痛に関しては整骨に行かれ、ほぼ改善されたそうですが違和感があるとの事。
 
五十肩に関しては何も施術等は受けていないとの事でした。当然、整形外科にも行かれておらす、レントゲン等の検査もしていないとのお話でした。
 
ところで当所では、五十肩もそうですが、骨の異常が疑われる場合や、内臓等の不調も含め、まずは然るべき検査を受けてくださいとお願いしています。
 
五十肩の場合なら、肩関節に本来あるはずのない軟骨等ができてしまう事があります。それが原因で、物理的に可動制限が起こる場合もあるのです。
 
特にこの方は、痛みを感じてから4か月が経過していました。残念ながらこのような場合、上記のような骨の異常が発生しやすくなります。
 
しかし骨に異常がないにもかかわらず、可動制限がある場合は筋肉異常が原因と考えれ、当所でも対応可能です。しかしその判断は私にはできません。
 
今回の方の場合、骨の異常も考えられるのですが、とりあえず施術してみる事にしました。これは当所の施術が、骨をさらに悪化させる施術ではないからです。
 
しかし本来なら、先に検査を受けて頂きたいというスタンスは変わりません。何故ならお客様にとっても、二度手間になるからです。
 
結果的に、じっとしていたり、仰向けの時の痛みはほぼなくなりました。しかし可動制限はほんの少し改善されただけでした。

肩関節は関節の中でも一番複雑な動きをするので…。

正直、肩こりや腰痛等に比べ肩痛や五十肩に関しては、当所でも即効改善とはいかない場合が多いです。可動制限が伴っている場合は特にそうです。
 
それは上記の通り、肩関節は身体の関節の中でも一番複雑な動きをするからです。その分、その動きに関わっている筋肉も多いのです。
 
当所の場合、肩痛や五十肩でも股関節との連動を調べます。また腕や脇の下からの引っ張りを緩和する事で、痛みを軽減できるメリットはあります。
 
しかし、複雑に絡んでいる肩関節の筋肉自体が主たる問題であると、複雑である分、どうしても改善には回数がかかってしまいます。
 
当所の場合は、リピートをお客様にお任せしているので、詰めて通うかはお客様次第です。そのような方が早期改善される場合は多いです。
 
しかし、稀にある程度回数を重ねても改善されない場合もあります。この場合が困るのです。当所は無駄なリピートを発生させたくないからです。
 
これは五十肩に限りませんが、初回で少しでも効果を感じて頂けたのであれば、詰めて通って頂く事も良いかもしれません。勿論、骨に異常がない場合ですが。
 
即効改善を謳っておきながら、このような場合もある事をご理解して頂けると幸いです。しかし改善の見込みもなく、通って頂く事は本望ではありません。

関連ページ

四十肩・五十肩について
 
最初に戻る