整体月日トップ > 手助け出来る事 >
肩痛について

肩痛の原因とは?脇の下、見過ごしていませんか?

近江八幡市肩痛
 
意外にも股関節と肩の痛みは連動しています。脇の下のインナーマッスルにも適切な施術が必要です。

使い過ぎても同じ姿勢でも肩痛に?

肩痛は普段の姿勢や作業など様々な原因によって起こります。また反対に首や肩周辺には筋肉や関節、腱、神経、血管などが集中しており、動かさなければ血行が悪くなります。
 
肩痛として一般的によく知られているのが、四十肩や五十肩です。また、頸肩腕群、胸郭出口群、後縦靭帯骨化、頸椎椎間板ヘルニアなどが肩痛の要因になる場合もあります。
 
そしてあまり知られていないと思いますが、股関節と肩関節は連動してるのです。痛みならば同側に、可動制限ならば反対側に、それぞれ原因が存在するのです。
 
動物等、四足歩行を考えてください。人間の肩甲骨と骨盤が前足と後ろ足の付け根になるという事で、少しは理解出来るのではないでしょうか?
 
このように肩痛といっても原因は様々です。肩の痛みでも放置すれば痛みが強まったり、慢性化してしまう事もありますので、注意が必要です。

脇の下にも肩痛の原因があるって?

可動制限もなく五十肩のように酷い痛みが出ていない場合は、肩痛でも即効改善を提供可能です。ここではそのような肩痛について記述します。
 
さて肩痛に関しては肩こりと同様に、腕の影響が一番に考えられます。しかしその腕でさえ、通常の整体施術では殆ど関係ない部位として放置されています。
 
従って脇の下は余計にスルーされている場所です。しかし脇の下には腕や肩、胸の筋肉がクロスしており、ここを放置していては真の肩痛改善には至りません。
 
一般的な肩の施術だと、大胸筋や肩甲骨の外側、三角筋あたりをメインに整体を施します。何故なら、その部分に痛みを感じる方が圧倒的に多いからです。
 
しかし脇の下に集まっているインナーマッスルにはアプローチしません。それはインナーマッスルの施術には高い技術が必要になるからです。
 
また股関節との連動の中でも特に、腹部の硬結は見過ごせません。例えば服でもお腹の辺りを摘まみながら腕を挙げると、挙げにくくなるはずです。
 
これと同様に腹部の硬結を緩める事によって、肩痛への影響が解消される事も少なくありません。連動の仕方は先程の通りです。
 
そして肩甲骨を含めた背中の筋肉にも、しっかりと疲れは溜まっています。この辺りは通常の施術でも対応されているかと思います。
 
それでも当所の施術は、筋肉一つ一つに細かくアプローチする事が可能です。またそれは背中や肩甲骨の筋肉でも同じです。
 
的確な筋肉への施術はお客様からすると、心地良いツボ押しのような感覚だそうです。因みにツボの知識は、ほぼありませんが(笑)。
 
私は筋肉異常を的確に判断出来る手の感覚を持ち合せています。そのお陰で安全に心地良く、お客様を改善に導けています。
 
このように当所には高い技術と確かな知識が存在します。整形外科等で骨に異常もなく、特に何も処置してもらえない場合等は是非、ご相談ください。

関連ページ

竜王町等からの整体口コミ感想 腕肩痛等
 
旧湖東町や安土町より 骨盤と肩甲骨の関連とは?
 
竜王町や旧能登川町より首や肩の違和感や寝違えで
 
四十肩・五十肩について
 
最初に戻る